脱毛コラム

肌を傷めないアンダーヘアのお手入れ方法

アンダーヘアの脱毛について

アンダーヘアの脱毛
今や女性はアンダーヘアのお手入れをするのが当たり前の時代です。

水着や下着から毛がはみ出さないように見た目のきれいさを保つのも大切ですが、蒸れやかぶれ、臭いを防ぐためにもお手入れしておくのがおすすめです。

ただし、アンダーヘアが生えているのはデリケートゾーンで、体の皮膚よりも薄くてとても傷つきやすいです。

カミソリや毛抜きでの処理はご法度で、肌トラブルの元になってしまいます。

埋没毛や毛のう炎、黒ずみなどを起こしやすいですから、肌のためにも使わないようにしましょう。

アンダーへア専用のはさみやヒートカッター、電気シェーバーなどがありますから、それを利用してお手入れしましょう。

VIO脱毛に通うのが無難

はさみで短くカットする方法や、毛先がツンツンするのが気になるならヒートカッターがおすすめです。

ヒートカッターは熱で毛先を丸めてくれますから、ツンツンすることはありません。

また、電気シェーバーなら根元ギリギリで肌を傷つけずに剃ることができますから、きれいにお手入れできます。

どれも肌を傷つける心配がありませんし、手軽に使えて便利です。

もっとアンダーヘアをきれいにしたい、お手入れの手間を省きたいなら、VIO脱毛に通いましょう。

プロが安全に脱毛してくれますし、アンダーヘアの毛の量や毛の質なども相談できて、Vラインの形まで思いのままに決められます。

定期的に脱毛に通えばどんどんアンダーヘアが薄くなりますし、クリニックなら永久脱毛もできてしまいます。

ワキガになる原因と脱毛によるワキガへの影響について

脱毛でワキガを改善

ワキガを気にする女性
脇毛に異臭の成分が多く付くほどワキガがキツくなる仕組みであり、ワキガを放つ原因となる雑菌が多く繁殖するほどワキガがキツくなります。

なので、多汗症の人は他の人より多く汗を掻く影響により、ワキガがキツくなります傾向にあります。

他にも、クリニックやサロンに行って全身脱毛を施してもらうと、人によってはワキガがキツくなることがあります。

けれども、施設を利用しての脱毛を多くこなすほどワキガがキツくなることはなく、回数をこなせばワキガを改善することができます。

なぜなら、初めてクリニックやサロンに通って脱毛を施してもらうと、脱毛した後に汗を掻く量が増える人もいるからです。

ワキガがキツくなる要因

一般汗腺からの汗だけでなく、脱毛した刺激によりアポクリン腺からの汗も増えることになります。

その影響により、掻く汗の量が増えることで細菌が分解するので、ワキガがキツくなることになります。

よって、初めてクリニックやサロンで脱毛を受ける人は、ワキガがキツくなることがあることを理解する必要があります。

けれども、クリニックやサロンで脱毛するほど無駄毛が生えにくくなるので、その影響に伴って脇毛も生えにくくなります。

つまり、脇毛が生えにくくなるほど脇毛に異臭の成分が付きにくくなるので、脱毛を受けるほどワキガを改善できます。

その上、脱毛を施してもらうほど一般汗腺であるエクリン腺の発汗刺激を抑えることができるので、結果的にワキガを改善することが可能となります。

毛抜きによる埋没とその解消方法

埋没毛について

埋没毛について悩む女性
体の随所に生えている毛は、埋没状態になってしまうことはあります。いわゆる埋没毛です。

その状態になる理由は、普段の処理方法です。誤った方法で処理してしまうと、どうしても埋没しやすい傾向はあります。

そもそも埋没毛というのは、体毛の先端部分がしっかり出ていないのが原因です。体毛は、たまに球根と似ていると言われる事もあります。球根から出てくる茎が、土からしっかり頭を出してくれれば、特に問題はありません。しかし茎が土でブロックされてしまうと、頭を出せなくなるでしょう。

毛の引っこ抜きが主な原因

体毛も、同じような状態になってしまう訳です。体毛の先端部分が皮膚の内部に埋もれてしまい、埋没毛になってしまう事がたまにあります。

その一因は、毛の引っこ抜きです。根元から毛を引っこ抜いてしまうと、どうしても茎が頭を出しづらい訳です。

ですから埋没毛を解消したいと望むなら、その引っこ抜きという手段を止める必要があります。毛抜きをするのではなく、別の手段を検討する方が良いでしょう。

そうかと言って、カミソリなどもあまり良くありません。基本的にはレーザー脱毛などを行ってくれる病院で、無難に施術を受ける方が良いでしょう。クリニックによるレーザーでしたら、明らかに埋没しづらいからです。クリニックも色々ありますから、よく選ぶのが肝心です。

産後のムダ毛処理について

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後はホルモンバランスが変化する影響により、体毛が濃くなるのでムダ毛が生えやすくなります。

なぜなら、妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが増加する上に、女性ホルモンが胎児の体に行き渡るからです。

よって、女性ホルモンの割合が少なくなって男性ホルモンの割合が増す形になります。

なので、妊娠中に男性ホルモンが増えると体毛が濃くなるだけでなく、ムダ毛が生える速度が早いです。

けれども、産後にムダ毛処理する際は、産後の肌の状態がホルモンバランスの乱れにより敏感になっていることに注意する必要があります。

自己処理するなら

その影響により、剃刀による自己処理だと肌に刃物による傷をつけやすくなります。

さらに、毛抜きだと肌に強い刺激を与えることになるので、産後のムダ毛処理に剃刀や毛抜きを使うのを避けるのが重要となります。

そのため、自己処理によって産後のムダ毛処理を行う場合は、女性用の電動シェーバーを使うのが安全となります。

なぜなら、女性用の電動シェーバーは剃刀と違って肌に直接刃が当たらないので、肌を刃物で傷つけるリスクが無くなるからです。

その上、電動シェーバーは広範囲を脱毛できるので、自己処理に割く時間を短くできます。

とはいえ、産後は肌が敏感な状態となるので電動シェーバーによる自己処理を行う前後に、肌を保湿するのが重要です。

肌を保湿せずに電動シェーバーでムダ毛処理を施すと、肌のトラブルを招く他にも毛穴も傷つけることになるので、埋没毛の原因を作り出しやすくなります。

脱毛サロンの勧誘を断るポイントと友達同伴

勧誘を上手く断る手段

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、たまにしつこい勧誘が行われています。サロンにも売り上げの問題がありますから、色々と必死なのです。

それで問題は、契約せずにお店から出れるかどうかです。残念ながら脱毛サロンによっては、契約するまでお店から出してくれない事もあるのです。強引な勧誘をしてくるお店なのに、契約するのは抵抗があるでしょう。

ところで脱毛サロンは、上手に断るポイントもいくつかあります。もしもそういう雰囲気が苦手でしたら、友達同伴を検討してみると良いでしょう。

友達に同伴してもらうのもいい

やはり断りやすさは、雰囲気に左右される一面はあります。自分1人だけで脱毛サロンに行きますと、大きな圧迫感が生じてしまい、断りづらくなってしまう事も多いのです。

しかし友達が同伴してくれていると、やはり心強いです。
ちなみに脱毛サロンに友達と一緒にカウンセリングに行く分には、全く問題はありません。ですから断りやすい雰囲気を作りたい時には、友達と一緒にサロンに行ってみると良いでしょう。

それと、友達に対して話をしておくのも有効です。「何かあったら、このお店では断るつもり」と友達に話をしておくと、当日も色々やりやすくなるでしょう。事前に友達と話し合いをしておき、様々な計画を立てておくのも悪くありません。断るのも勇気が必要な時には、試してみると良いでしょう。